タイ国王、「不実」な34歳配偶者のあらゆる称号を剥奪

タイのワチラロンコン(Maha Vajiralongkorn)国王は、配偶者であるシリーナート・ウォンワチラーパック(Sineenat Wongvajirapakdi)さん(34)のあらゆる称号を剥奪した。21日に下された勅命で明らかになった。国王への「不実」と、王妃と同様の地位を求める「野心」がその理由だという。国王はシリーナートさんに、「チャオクンプラ」という100年近く誰にも与えられていなかった称号を3か月近く前に与えたばかりだった。

【関連写真】王室が公開した、大胆な服装の元配偶者の写真

 勅命によるとシリーナートさんは、「国王への不実」に加え、「自らの野心のため」にスティダー・ワチラロンコン・ナ・アユタヤ(Suthida Vajiralongkorn na Ayudhya)さんの王妃即位に反発する行動を取ったとして、チャオクンプラの地位を追われたという。

 今回の発表では、シリーナートさんの行いには「国王にいかなる敬意も払わず、王室の伝統を理解していない…その行為は自らを利するためのもの」であることが示されており、自身の地位をスティダー王妃と同じ地位に引き上げようとしていたと指摘されている。

 国王が67歳の誕生日を迎えた今年7月28日、王室の護衛を務めていたシリーナートさんには「チャオクンプラ」の称号が授与されたが、今回あらゆる軍の階級や勲章、王室における称号が剥奪されたという。

引用元  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000042-jij_afp-int

ビビ速報をTwitterでフォロー

おすすめの記事