【武蔵小杉タワーマンション】マンション市場に与える影響は「5%から10%程度は下落する可能性もある。」

今回の武蔵小杉も、タワマン群の資産価値が急激に下落することはないだろう。しかし、影響がゼロとは考えにくい。少なくとも好ましい方向には向かわない。

 まず、現在販売中の新築マンションの売れ行きは確実に鈍る。そして、中古マンション市場では取引が萎む。売りたくてもなかなか買い手が現れない状態になるだろう。

 月日が経てば過去の新浦安・海浜幕張エリアと同じように緩やかに取引数も回復するはずだが、これまでのような値上がり傾向は一切なくなるだろう。当面は、台風以前の相場観を維持するのが精いっぱい。あるいは5%から10%程度は下落する可能性もある。

 そもそも2018年あたりから、首都圏の中古マンション市場は統計に表れていないところで下落基調に転じたと私は感じている。その波との同調もあって、武蔵小杉エリアも当面は軽微ながら下落基調になる可能性が高い。

 人々の記憶というのは、その時々の空気や印象によって強く影響される。台風の記憶が薄れる2年後から3年後までの間に、また同じような被害が武蔵小杉ではないエリアで発生したとしても、「そう言えば、武蔵小杉でも似たような被害があったな」と、人々は今回の出来事を思い出すだろう。そうなると、人気の回復はやや遠ざかるだろう。

全文はこちら
引用元  https://www.news-postseven.com/archives/20191020_1471578.html

ビビ速報をTwitterでフォロー

おすすめの記事